イベント・大会情報EVENT

開催決定!「第25回ダヴィンチマスターズ」は神戸市ガバメントクラウドファンディングと連動して開催!

様々な事情から学びの機会を得にくい子ども達にも学びの場を! 2021年3月28日(日)開催の「第25回ダヴィンチマスターズ」は神戸市によるクラウドファンディングで実施!

様々な事情から、学びの機会を得にくい子ども達にも学びの場を!
「第25回ダヴィンチマスターズ」神戸市ガバメントクラウドファンディングと連動して開催!

2021年3月28日(日)開催の「第25回ダヴィンチマスターズ」は、様々な事情から学びの機会を得にくい子ども達にも楽しみながら学びにつながる機会を無料で提供したいと考える神戸市による “ガバメントクラウドファンディング(GCF)” と連動して、オンラインおよび対面のプログラムを実施します。

今年11月3日(火・祝)に実施した「第23回ダヴィンチマスターズ(神戸市主催・協力)」でも対面とオンラインのイベントを実施し、たくさんの子ども達に楽しんでいただくことができました。

今回のクラウドファンディングによる支援は、ひとり親家庭など様々な事情をかかえ、普段なかなかこのようなイベントに参加する機会が少ない子ども達も含め、より多くの子ども達をイベントに招待するために使われます。

子ども達の学びの機会を広げる取り組みに、どうぞご支援のほど、よろしくお願いいたします!

様々な事情から学びの機会を得にくい子ども達にも学びの場を!2021年3月28日(日)開催の「第25回ダヴィンチマスターズ」は、神戸市によるガバメントクラウドファンディングで実施!★ご支援は「ふるさとチョイス」の「ガバメントクラウドファンディング」よりお願いします!
子ども達の未来への可能性を広げる「非認知能力」を育てる学びの場を
より多くの子ども達に届けたい!

https://www.furusato-tax.jp/gcf/1144

参考:第23回ダヴィンチマスターズイベント実施レポート
※プログラム内容は異なりますが、コンテンツ数や時間は「第23回ダヴィンチマスターズ」とほぼ同様の予定です。

【第25回ダヴィンチマスターズ開催に向けて飯沼慶一先生コメント】

「幼少期の教育にお金をかけることは、それによる利益はかかる費用を上回る可能性が高い」アメリカのジェームズ・ヘックマンは実践研究からこのように主張しています。

しかし、日本でも貧富の差が拡大し、全ての子どもたちが公平に教育プログラムを受ける状況にはありません。コロナ禍の中より助長されているとの話も聞かれます。

ダビンチダヴィンチマスターズの活動は、できるだけ金銭的な負担を減らし、多くの子どもたちに参加してもらう教育プログラムです。非認知能力の育成や科学への感動や学びの場に参加できる権利は、すべての子どもたちに平等にあるべきだという思いからです。

様々な事情から学びの機会を得にくい子ども達にも学びの場を!2021年3月28日(日)開催の「第25回ダヴィンチマスターズ」は、神戸市によるガバメントクラウドファンディングで実施!飯沼 慶一(いいぬま・ けいいち)
学習院大学 文学部教育学科 教授。ダヴィンチマスターズ委員会委員。

私立成城学園初等学校で小学校教員を23年務めた後、2013年度より学習院大学にて教職志望の学生に幼少期の自然体験の重要性や非認知能力を育む大切さを伝えている。専門は環境教育。

著書に、「学校環境教育論」(共著、筑波書房2010)、「せいかつ上 みんななかよし」「せいかつ下 なかよしひろがれ」(生活科教科書・指導書、共著、教育出版2012)「ワクワク!ドキドキ!おもしろ実験室」(共著、成城学園初等学校出版部2009)など。