スマートフォン版に切り替える

子どもの非認知能力、男女差はあるのか?
2019/04/09

保護者向け講演会「子どもの非認知能力を高めるための親の役割」より【前編】

2019年2月3日(日)に大阪大学(大阪吹田市)で開催された「第12回ダヴィンチマスターズ」。小学校1年生から3年生までの子どもを対象に、実験や観察などの体験を通じて科学や数理への興味を抱く“きっかけづくり”を行なうプログラムを展開しました。

同時に「子どもの非認知能力を高めるための親の役割」をテーマにした保護者向け特別講演会を開催。慶應義塾大学 総合政策学部 中室牧子教授による基調講演の後、中室教授、灘中学校・高等学校の和田孫博校長、SAPIX YOZEMI GROUPの高宮敏郎共同代表が登壇し、非認知能力(非認知スキル)に関する疑問や研究データについてお話くださいました。
ここでは講演から、ダヴィンチ☆マスターズが注目するポイントをいくつか皆様にお届けします。

…続きを読む

感じたこと、思ったことを書き出し 人に伝える “言葉” にしよう!
2018/12/11
書籍『「言葉にできる」は武器になる。』著者、「世界は誰かの仕事でできている。」

コピーライター 梅田悟司さんインタビュー!

2018年11月23日(金・祝)に学習院女子大学で開催した「第11回 ダヴィンチマスターズ」で大好評を博した「表現力を高める、思考力の鍛え方」についての講演をされた、書籍『「言葉にできる」は武器になる。』『気持ちを「言葉にできる」魔法のノート』の著者で、横浜市立大学客員研究員・コミュニケーションディレクターの梅田悟司さんに、「T字型思考法」を用いた子どもの思考力の深め方、子どもとのコミュニケーション(伝え方)について、お話をお伺いしました。
…続きを読む

灘校・和田孫博校長に聞く 30年後に求められる人材
2018/11/09

灘中学校・高等学校の和田孫博校長
ダヴィンチマスターズ保護者向け講演会より

…続きを読む

解剖から類推力を養い、食事の時間で本当の “食育” を学ぶ
2018/11/07

学習院女子大学国際文化交流学部 品川明先生から学ぶ
本当の “食育”(第10回 ダヴィンチマスターズ) …続きを読む

自然体験は子どもの学習能力を高めるからこそ親も一緒に体験を(後編)
2018/07/24

学習院大学文学部教育学科教授 飯沼慶一先生講演

…続きを読む

うちの子は幼い? 小学生の行動特徴と親のかかわり方 前編
2018/07/10

 

学習院大学文学部教育学科教授 飯沼慶一先生講演
…続きを読む

学力トップの『秋田型教育』とは
2018/07/03

全国学力テスト上位の秋田県大館市。

子どもたちの可能性を引き出す数々の取組みを保護者・地域・学校が連携して実施しています。

…続きを読む

飯沼慶一先生と考える、子どもに必要な「体験」【後編】
2018/04/04

学習院大学文学部教育学科教授 飯沼慶一先生インタビュー[後編]

…続きを読む

飯沼慶一先生と考える、子どもに必要な「体験」【前編】
2018/04/04

学習院大学文学部教育学科教授 飯沼慶一先生インタビュー[前編]

…続きを読む

子どもを算数好きにする、今日からできる5つのこと
2018/02/28

「ジュニア算数オリンピック」で金メダリストの母、和田聖子さん講演[後編]

…続きを読む