親子で楽しむ! ダヴィンチマスターズ 新連載スタート! 「いきもの博士の研究室」ARTICLE

「身近ないきもの コガネムシのナゾを解く! 」PART1-2

生き物が大好きで、なんでも知りたがりのダヴィンチ君。
家のすぐ近くにある、いきもの博士の研究室にいつも遊びに行っています。
優しいいきもの博士は、いつもダヴィンチ君の質問や疑問に答えてくれます。
そんな二人の研究室でのお話を中心に、昆虫をはじめ、生き物の生態、活動、不思議を
連載でお届けします。ぜひ、お子さまと一緒にお楽しみください!
これを読めば、生き物がもっと好きになる!

ダヴィンチマスターズ「いきもの博士の研究室」

 「身近ないきもの コガネムシのナゾを解く! 」(PART1~4 ※全4編)

1.PART1 「その白い幼虫、本当にカブトムシ!?  」

昨夏、庭でアサガオを育てたダヴィンチ君。種をとった後、そのままになっていた
植木鉢をひっくりかえしてみると、土から白い幼虫が出てきました。
これってもしかして、カブトムシ!?

ダヴィンチ君「こんにちは博士!」
いきもの博士「こんにちはダヴィンチ君。今日はどんな生き物に出会ったのかな?」

「見てよこれ、アサガオの鉢をひっくり返したらいっぱい出てきたんだ。
それで、友達に見せたらこれは土を食べるカブトムシの幼虫だって言うんだ。
育てたら、本当にカブトムシが産まれるかな? 」

「うーん、確かにこれは土の中で暮らす幼虫だね。でも、カブトムシではないな」

「えっ!?」
「これはね、アオドウガネっていうコガネムシの幼虫だよ」

「コガネムシって、カナブンのことだよね? なんだ、その辺にいっぱいいる奴じゃん、
つまんないなー」
「いやいやダヴィンチ君、カナブンとコガネムシは全然違う生き物だよ。それに、
それぞれに個性があるから、調べてみたら面白いと思うけどな」

「そうかなー。じゃあ、カナブンはもう見飽きているから、コガネムシのことが
知りたいな」
「ふふふ、君が見てきたカナブンは、本当にカナブンかな? まずはダヴィンチ君が
見つけてきたアオドウガネの写真があるから見てみよう」


(画像)コガネムシ科スジコガネ亜科アオドウガネ。
日本で最もよく見られるコガネムシの一種。同じ科にヤマトアオドウガネがいる。

「あれ? 」

「どうかね?  」

「これってカナブンじゃないの? みんながカナブンって呼んでいるのはこの虫のことだよ」
「確かに、アオドウガネはカナブンと呼ばれがちだよ。でも、カナブンという名前の
虫はちゃんと別にいるのさ。それがこれ」


(画像)コガネムシ科ハナムグリ亜科カナブン。日本にはこのほかにアオカナブン、
クロカナブンなど約5種類のカナブンが生息する。

「結構似ているけど、色が違うね」
「カナブンの色は個体によってさまざまだから、アオドウガネそっくりの色のカナブンも
いるよ。見分けるには、頭の形を見るといいよ」

「うーんと……カナブンの方は長方形だけど、アオドウガネの方は少し丸いね」
博士「そうだね。他にも小楯板(しょうじゅんばん)という羽の付け根の三角形の部分の
形が違ったりするよ」

「ほんとだ! 」

博士「そもそもこの二種類は住んでいる場所も違うんだ」

「そうなの? えっと、今までカナブンだと思っていたアオドウガネは公園なんかでも
よく見るんだけど、カナブンの方はどこにいるの?」
「カナブンがいるのはクヌギやコナラが生えた雑木林。昼間に樹液を飲むんだ。
アオドウガネの成虫は植物の葉を食べる。アオドウガネは公園にもいっぱい生えている
サクラなんかの広葉樹が大好物だから、その辺でもよく見られるんだ」

「そうなんだ。じゃあさ、なんでわざわざ 僕の庭の植木鉢なんかに飛んできたのかな。
うちにはサクラなんか生えてないし、公園の方が広いんだから、そっちで暮らせば
いいんじゃないの?」
「確かにアオドウガネの成虫はアサガオを食べないし、公園にずっといた方がいいかもね。
でも、全てのアオドウガネが公園で暮らしていたら、公園に除草剤がまかれた、
なんてことになったら全滅しちゃうよね」

「うーん」

「住めそうな所なら少しでも、住んでおく。そうして、アオドウガネは日本中に
広がっていったのさ」

「すごいね」

「でも、アオドウガネがどんどん増えていくと違う問題も出てくるんだよ」

「えっどういうこと? 」

「もともといた他の生き物の食べ物を奪ってしまったり、人間の植えた植物も食べ尽く
されてしまうことがあるんだ。例えば、関東にはもともとドウガネブイブイという
アオドウガネと同じく植物の葉を食べる茶色のコガネムシがいたんだけど、
近年では平地でだいぶ数を減らしてしまったんだ。」

「いなくなった虫は、みんなどこに行ってしまったの? 」
「ドウガネブイブイは、今も低山地帯に行けばいっぱい見られるよ。でも、より食べ物が
あって暮らしやすい平地で数を増やせないから、将来絶滅危惧種に指定される可能性が
あがっているんだよ」

「そっかー。じゃあ、この幼虫は育てない方がいいのかな? 」
「いや、そうでもない! アオドウガネは確かに増えすぎているということもあるけれど、
最近は都市の開発や道路のアスファルト化が進んで、虫全体が数を減らしているんだ。
将来、アオドウガネも絶滅危惧種の立場になるかもしれない。
そんなとき、君の飼育経験や知識が活きてくる」

「そうだね! 」
「それに成虫も飼育してあげるといいよ。羽化したばかりのアオドウガネはこんな風に、
青い目をしているんだ。これは外で暮らすうちに目が擦れて色褪せちゃうから、
自分で育てないと見ることはできない。貴重な経験だよ!」


(画像)まだ目が青い、羽化から3日後のアオドウガネ。博士が庭で採集した幼虫を
飼育したもの。

「わあ、これはキレイだ! 本物を見たいけど、ちゃんと育つかなあ」
「大丈夫、アオドウガネの幼虫がなんで土の中で暮らすのか、しっかり理解すれば
育てるのは簡単だよ」

「土を食べると思うんだけど、アサガオの土を買ってくればいいのかな? 」
「ふふふ、実はアオドウガネの幼虫は土そのものを食べるわけじゃないんだよ」

「そうなの? 」

「次は、アオドウガネが土の中で何を食べているのか教えてあげよう!」

PART2 「身近なコガネムシ、アオドウガネを飼育してみよう! 」

アオドウガネの幼虫を育てることになったダヴィンチ君。
いきもの博士は、土の中にいる理由を理解すれば飼育は簡単だと言います。
彼らは土の中で、何を食べ、どんな生活をしているのでしょうか?

ダヴィンチ君「アオドウガネの幼虫は、土を食べるんじゃないの?」

いきもの博士「確かに、アオドウガネは土の中に卵を産むし、幼虫もそこで暮らす。だから、土を食べると考えてもおかしくないね。けれども、彼らは土そのものを食べているわけじゃないんだ。土の中にしかない、あるものを食べているよ」

「土の中にしかないもの?」
「アサガオにもサクラにもあるけれど、土の中にしかないものはなんだと思う?」

「根っこかな?」
「そう、植物の根で正解だよ。彼らは植物の根を食べる。だから、根切り虫と呼ばれることもあるよ」

「そうなんだ。じゃあ、ただ土の中で飼育するだけじゃだめで、アサガオの育った後の土じゃないとダメなんだね」
「そうだね。それと、彼らはアサガオが枯れていてもいいんだ。だから、アオドウガネたちが出てきた土にそのまま埋めておくだけで、簡単に育つんだ」


(画像)アオドウガネの幼虫

「確かに楽だね」
「ただし、ひとつ気をつけなきゃいけない事がある。それは、蛹(さなぎ)になるときにアオドウガネは繭玉(まゆだま)を作るってこと」

「繭玉?」
「カイコというガを知っているかな?」

「ああ、聞いたことある!絹糸がとれるんだよね」
「そう、カイコが作る繭玉は絹糸になる。でも、アオドウガネは蛹になるための部屋、蛹室(ようしつ)として、繭玉をつくるんだ」

「なんでわざわざ部屋を作るの?」
「これを作る一番の理由は、外敵から身を守るため。他には蛹を乾燥から守ったりする役割もあるよ」

「そうなんだ。それで、アオドウガネも同じものを作るの?まさか絹糸じゃないよね」
「アオドウガネは糸をはけないから、代わりに周りにあるもので繭を作る。土の中で暮らすアオドウガネの周りに一番あるものといえば、やっぱり土。
アオドウガネは土を固めた繭を作るよ。だからそのぶんの土と、スペースが確保できるように、植木鉢から他のケースに何匹か移して別々に飼うようにすると、うまく羽化するよ」

「なるほど。もし土や広さが足りなくてうまく繭玉が作れないとどうなっちゃうの?」
「その時は、土の上で無理やり蛹になるんだけど、乾燥で死んじゃうことが多いな。中には、繭玉なしでも運よく成虫になることもあるかもしれないけど、成虫になった直後は蛹の時と同じように弱いから、結局は死んでしまうことが多い。羽化直後のアオドウガネは、こんな風に白い羽をしているんだ」


(画像)羽化から数時間のアオドウガネ

「うわあ、きれいだね! ここから緑色になっていくの? 」
「そうだよ。蛹から出てきたばかりの時は、羽はまだすごく柔らかくて、しわしわに折りたたまれているんだ。そこから体液を羽に通わせて、しっかりお腹を守れるように羽を伸ばし切った後に固めるんだよ。固まる途中で、段々と白から緑に変わっていくよ」

「アオドウガネの羽はけっこうかたいけど、このときはどのくらいなの?」
「何かが少しでも触れると、変形して元に戻らなくなっちゃうくらいに柔らかい。体液を通す管もすぐに壊れちゃうから、ちょっとの刺激が命取りなんだ。
羽が変形した個体は羽化不全と言って、病気にとても弱くなってしまうんだ。アオドウガネにとって、繭玉は本当に重要なものなのさ」

「そうだったんだ。じゃあ、アサガオの育った後の土を使うことと、羽化不全にならないように繭玉が作れる分の土と広さを確保してあげることが大切なんだね」
「そうだね。そこさえできれば、綺麗な青い目のアオドウガネが見られるよ」


(画像)PART1より、羽化したばかりの青い目をしたアオドウガネ

「よし、友達の庭にもいるかもしれないから教えてあげようっと」
「アオドウガネは公園の植物の下でもよく暮らしているから、ダヴィンチ君の話を聞いて飼いたくなった人がいたら探してみるといいかもね」

「確かに。このアオドウガネがどこから僕の庭の植木鉢に来たかわかるかもしれないしね」
「なかなかいい考えだね!それがわかったら、夏にアオドウガネの行動を辿ってみるのも面白そうだね」

「身近な虫でも意外と奥が深いなあ。ところで博士、なんでアオドウガネは緑色をしているの?わざわざ目立つ色をしている意味があるのかな?」
「良い質問だね、ダヴィンチ君。確かに、緑色は目立つよね。でも、この緑色は、もともとは目立たないための色と言われているんだよ。」

「どういうこと?」

「次はアオドウガネがなぜ緑色をしているのか、教えてあげよう!」

PART3 につづく

カテゴリー