スマートフォン版に切り替える

2017年09月12日 17:01


▲クリックで拡大表示▲

 

開催日 2017年9月3日(日)
マスターズ大会:11:00~11:45(受付10:30)
本イベント:13:30~16:00(受付13:00)
開催場所 ハウスクエア横浜 住まいの情報館1階
住所:神奈川県横浜市都筑区中川1-4-1
(横浜市営地下鉄ブルーライン「中川」徒歩5分)
対象者 小学1年生~小学3年生
参加費用 無料(ご両親承諾・事前登録制)
参加人数 200名
協賛 ハウスクエア横浜
株式会社エンパシージャパン
協力 一般財団法人算数オリンピック委員会
横浜国立大学教育学部大泉義一研究室
NPO法人小網代野外活動調整会議

実施風景

マスターズ大会の模様 11:00~11:45(任意参加)

ペーパー問題に挑戦。論理的思考力の限界に挑む算数と、日常的な観察眼が問われる理科の問題が出題されました。

成績優秀者発表

1年生 滝井 友啓 都筑小学校
2年生 中川 水葵 青木小学校
3年生 先山 淳 初音が丘小学校

 

ダヴィンチ☆マスターズイベントの模様

自然科学系クイズ、ワークショップを楽しんだ後、参加した200人が5人で1チームとなり、一斉にタングラムゲームで楽しみました。また保護者向け講話も実施しました。

  • 自然科学ワークショップ *アートデザインを楽しむ、偏光板でオリジナル万華鏡づくり
    偏光板の特性を用いた光の万華鏡づくりを行いました。

 

  • 自然科学系クイズ
    鶴見川河口干潟で当日朝に捕れた生き物を会場に運び込んで「生きもの水族館」を実施しました。開催地の地元の自然環境や生物の生態系を知るために、〇×形式のクイズも行いました。

 

  • タングラムゲーム
    参加者200名が5人1チームとなり一斉にタングラムゲームを行いました。得点の高い上位2チームによる優勝決定戦は、子ども達の大声援に会場が包まれました。

 

  • 保護者向け講話
    「こどもの可能性を最大限に引き出すおとなのかかわり」と題し、横浜国立大学教育学部 教育学博士 准教授 大泉 義一先生による講話を約40分開催いたしました。当日は聴講された保護者の方々も実際にワークショップに参加して頂き、ワークショップの目的や技法を体験して頂きました。